マカの飲み方・副作用を解説します

マカの飲み方

マカは健康食品ですので、毎日決められた時間に決められた量を飲む必要はないです。そして、たくさん飲めば飲むほど効くというものでもないので、適量としては個人差があるので一概には言えませんが、一般的には疲労回復や健康の維持、滋養強壮を目的とする場合には1日1包を水かお湯で飲むようにします。さらに症状の改善をはかるときには1日に2回くらいに分けて2、3包を飲むと良いでしょう。すぐに効くという即効性を期待するものではなく必要な時に飲むと云うよりも定期的に飲み続けましょう。

 

副作用はあるのか?

マカの最大の特徴は副作用がなく、男女共に絶大な効果をもたらすことです。ペルーでは数千年前から慢性疲労の回復や滋養強壮に効く天然生薬として愛用されていまうすが、害があったという報告は1つもありません。また、最近では欧米諸国の研究によりマカにはボケや記憶力の低下を防止する働きがあることも発表されており、高齢者の脳の老化予防にも優れた働きがあることがわかってきました。マカ製品を購入するときはアンデスの4000m以上の高地で収穫されて、強烈な太陽光線の元で天日干しにされている乾燥マカを消化吸収しやすいように顆粒状にしたものを選ぶとよいでしょう。

 

赤ちゃんを授かるのに最高の補助食品

不妊症の原因は男女ともにあります。女性では卵巣・卵管・子宮などの障害、男性では精子の数が少なかったり、精子の運動能力が足らない等の異常が多く見受けられます。また、原因がわからない機能性不妊もあります。男性の場合、精子に異常があっても原因を確定するのはとても難しいのが現状です。すべての病気は体の機能のバランスが崩れた時に起こります。例えば肝機能が低下すると肝臓病を招きます。機能性不妊もこれと同じメカニズムで起こると考えていただいて結構です。検査で原因を特定できなくても体の中のどこかの生殖機能に乱れが生じているため起こるのです。このような男性不妊の場合にマカを飲むと生殖器を刺激するホルモンの分泌が改善されるのではなく血管や筋肉、神経等の身体全体の働きが向上するのでストレスに対して強くなり、原因不明の不妊症が治る環境がつくられやすくなります。不妊治療をしている方にも補助食品としてマカはお勧めです。飲み続けることによってより妊娠しやすい心身の条件と環境がつくられてゆきます。夫婦一緒にのむことが理想的です。2人の身体が共に妊娠しやすくなれば、可能性が高まります。

 

おススメのマカサプリメントのランキング