男性の不妊症の原因とチェック方法を解説します。

性器に異常はないか?

ペニスのサイズを気にする男性は多いのですが、妊娠させる能力とは無関係です。平均的な大きさは勃起時の長さが11から12.5cm、太さ(周囲の長さ)10.5cmから11.5cmです。包茎や仮性包茎でも問題ありません。男性が原因の場合は睾丸に障害があるケースです。このサイズの方が問題で小さすぎると委縮症の可能性があります。また、つまんでみて柔らかすぎる時は無精子症の可能性があります。

 

性病の経験

もっとも多いのが淋病やクラミジアで、ついで梅毒等があります。後遺症によって男性不妊に陥る可能性があります。例えば精管がつまって精子が通ることができなくなる精管閉塞、睾丸が小さくなる委縮症にかかることもあります。

 

過去に大病や手術の経験があるか

おたふくかせで睾丸炎を併発すると高い確率で委縮症になり精子形成に障害が現れます。また、マラリア、腸チフス、腹膜炎等も委縮症の下人となります。精子をつくる機能は熱に弱く体温が高くなると危険度が増します。また、結核等にかかると結核菌が転移する可能性があり完治しても後遺症として無精子症や精液過少になってしまう場合があります。

 

インポテンツ

勃起力は20才前後をピークに年齢と共に弱くなります。個人差がありますが、50才を過ぎるとホルモン分泌低下や加齢によって衰えたと感じる人が多いです。神経や生殖器に原因があって不能となる器質的なものや精神的な悩みや強いストレスが原因となる機能的なものがあります。神経の病気、糖尿病、アルコール依存、栄養障害などによっておきます。

 

精液の状態

精子に異常があると妊娠できなくなります。医師が顕微鏡で検査しなくてはわかりませんが、ある程度のことは判断できます。健康な男性の場合あ1回あたりの射精で2ml前後あれば正常とみなされます。0.5ml以下だと過少症かもしれません。また、逆行性の射精というのもがあります。精液が尿道に流れずに膀胱に逆流してしまうので不妊となります。

 

薬の影響

抗鬱剤、精神剤を服用している人、血圧降下剤のレセルピンやアルメドット、血管拡張剤のヘルベッサー、胃・十二指腸潰瘍治療薬のタゲメッと、皮膚病治療薬のチガソン、痛風治療薬のコルチヒンを服用すると性欲減退や勃起不全をまねく可能性があります。

 

その他

 

タバコはやめましょう

女性にも言えることですが喫煙は妊娠を遠ざけます。精子をつくる機能に悪影響を与え、女性では卵巣等の重要な臓器に行く血液の量を減少させて不妊の原因をつくりだします。自分が吸わなくてもパートナーが喫煙者だと受動的に悪影響を受けますのでやめるようにしましょう。

 

アルコールはほどほどに

お酒は適度であれば問題ありません。しかしながら、アルコール依存症や中毒症になるほど飲酒をすると勃起力を弱めたり精子をつくる能力が低下します。

 

セックスの間隔は4日空ける

セックスの回数も大切です。射精した後、睾丸に十分な量の精子が貯まるのに一般的に3日から4日程度ひつようになります。そして2週間以上たつと元気な精子の数が減ります。間隔が長すぎても良くないのです。これに女性の排卵周期が合致すると妊娠する可能性が高くなります。

 

男性の精力回復にはマカが効果的です。薬でなく健康食品なので副作用もなく、大量を夫の得てくれます。そのまま食べるのは難しいのでマカサプリメントでとりましょう!ランキングを紹介しているページはこちらから